就職活動

専門性の高い仕事

貿易事務の仕事は、実は派遣というスタイルにとてもよく合っています。業務内容は輸入や輸出の事務手続きで、主に書類の作成や内容確認、取引先とのメールのやりとりや輸送・通関の手続き手配などです。これらにはすべて規則があり、事務職には貿易に関する専門知識が求められます。一般的な事務より待遇が比較的よいため人気がありますし、一般事務職からキャリアアップするためにチャレンジする人も多い人気職種と言えるでしょう。しかも決まった量の仕事をまとめてこなすことができるため、派遣という働き方にも合っているのです。

語学を活かして働ける

書類やメールはすべて英語ですし、ほかの国の言語ができたほうがスムーズな場合も多いため、語学に堪能な人にはもってこいの仕事です。貿易事務というと商社や貿易会社、メーカーという職場を想像する人が多いですが、近年は国際物流も増え、運送手配や通関業務を行うフォワーダー(通関業者・海貨業者)という職業も増えました。航空会社や専門代理店など輸出入取引に関係する職場には必ず貿易事務仕事は発生しますので、実は派遣の求人も増えている狙い目の職業なのです。

ビジネス英語を勉強する必要あり

貿易事務の派遣仕事は英語が得意なら適性がありますが、やはり日常英語ができればよいというわけにもいきません。現場で出てくるコレポンという貿易用語はCorrespondenceの俗称ですが、貿易事務のメインとなる海外取引先との外国語による文章のやりとりを指します。コレポン業務はとても多く基本的な業務ですが、ビジネスメールのライティングや読解力が必要ですので、まずはそこから慣れる必要があります。相手に簡潔に、そして正確に伝えられる文章を作成できるように、英語の文章力も磨きましょう。

職場によって業務範囲もさまざま

一言で貿易事務と言っても、業界や業種が増えていますし、それぞれで業務範囲やポジションも変わっています。派遣された先によっては想像よりも担う範囲が広かったり狭かったりする場合もありますので、事前にできるだけ具体的な希望を出し、詳しい業務内容を調べるとよいでしょう。もし未経験から始めるなら、希望する業務に近い職場で貿易事務アシスタントからはじめるのもよい方法です。大手のほうが書類のテンプレートがあったり、先輩から教えてもらえたりする環境が整っているので、より働きやすいでしょう。反対に、もっとキャリアアップしたい、いずれ独立したいと考えているなら、広い業務範囲を任せてもらえる職場を希望するのもおすすめです。例えば通関士という貿易関連で唯一の国家資格がありますが、試験に合格して通関業務代行をするなら、積極的にさまざまな業務に携わるほうが有意義です。派遣という働き方は自由度が魅力ですので、必要な勉強をしつつ実務経験を積み、ライフスタイルに合わせた働き方をするのにピッタリでしょう。

広告募集中